スクールバスの待機列変更 ~暑さも災害~

7月中のとある猛暑日の暑い朝、「日向」でスクールバスを待つ学生の姿を心配に思い、周辺施設の管理会社と学校に連絡を取り、待機列の方向を「日影」に変えましょうという提言をしました。

実は私は選挙を控え、駅前でビラ配りをしていたのですが、当日は熱中症アラートがでており、さすがにこの暑さでは、いつかだれか倒れるのでは無いかと感じたためです。

その際、施設管理会社の担当者さん、並びに学校の先生の反応はとても早く、新学期がはじまった今日確認したところ、待機列の方向が日影に変わっていました

(段階的に引率の先生がいる学年から変更している様です)。

環境省の資料によると、近年では毎年1,000人くらいの方が熱中症で亡くなっており、その数は地震などの自然災害よりも大きいです。

そういった意味では「暑さも災害」と捉え、私たちは、今後様々なルールや年間行事の日程を(暑さを理由に)見直すべきだと思います。

特に、私の業務領域でいうと、変えるべきは「真夏の選挙」だと考えています。

猛暑日の中行われた告示日のポスター張りなどは、私のチームでも体調不良者が続出し、本当に申し訳ない気持ちになりました。

また、間違いなくその暑さも、過去最低を記録した投票率低下の要因のひとつだと思います。

全国的には真夏開催の甲子園なども問題になっていますが、まずは自分の関わる領域から行動に移してきたいです。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. ひとりでも多くの方に!政治活動用ポスター

  1. 政治活動の特化領域、8つのキーワード

  2. 柏の葉アクアテラスクリーン作戦!

  3. 「茨城県境町」を視察 ~ふるさと納税寄付額が6年連続関東1位の町~

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP